bell3.blog.eonet.jp > ツバキ・つばき・椿 ④ (2013)

椿寿庵さんで見られるツバキたち…一体いつになったら全てを紹介出来るのでしょう。せめて半分の500品種位はご紹介したいというのが私の当面の夢です。知るほどに奥が深いツバキ、花の形だけでも、唐子咲き、蓮華咲き、獅子咲き、牡丹咲き、一重咲き、八重咲き、千重(センエ)咲き、二段咲き、宝珠咲き、列弁咲き…。一重咲きは欧米ではすべてシングルで統一ですが、日本では、猪口(チョク)咲き、筒咲き、ラッパ咲きなどに更に7分類されています。また花形自体、品種によっては、同じ咲き方をせずに変化するものもあって、とても私の頭では覚えられそうもありません。

ダイカグラ(大神楽)
サツマ(さつま)
シュクハイ(祝盃)
キノサト(きのさと)
チヨノハル(千代の春・濃桃)
リップスティック
シボリミョウレンジ(絞妙蓮寺)
フクリンジョウヤトウ(覆輪常夜灯)
イヨヒメ(伊予姫)
タマイカリ(珠錨)
オウノサト(意宇の里)
ウキミドウ(浮御堂)
ツレヅレ(徒然)
タマユラ(玉響)
エイジュ(永寿)
ワラベウタ(童歌)
セキジツ(昔日)
ハナノミコシ(花のみこし)
ハツフジ(初富士)
タマヨリヒメ(玉依姫)
カラクレナイ(唐紅)
ヒロイン
ピオニー・クイン
カザオレ(風折れ)
ダグラス・ホッター
イシドウマル(石童丸)
チトセ(千歳)
ドクター・クリフォード・パークス
ヒカリノハル(光の春)
シロロッカク(白六角)
フクチドリ(福千鳥)
ツマゴメ(妻ごめ)
カンノンチャ(観音茶)
トウエモン(藤右衛門)
ワカムシャ(若武者)
カギロイ(かぎろい)
ヤエガキ(八重垣)
フクリンヨイマチ(覆輪宵待ち)
エンカ(艶花)
ミセスヒロミ
サトノホマレ(郷の誉)
コウサイ(紅彩)
ヒリュウ(飛竜)
ハニュウノヤド(埴生の宿)
フクリンセイショウナゴン(覆輪清少納言)
コセンジョウ(古戦場)
ムソウバナ(夢想花)
シボリロウゲツ(絞臘月)
ヨコブエ(横笛)
ハツシモ(初霜)
コオロギバシ(こおろぎ橋)
ダイセンフジツカサ(大山藤司)
セイエモン(清右衛門)
ハナミズキ(花水木)
シロキクヅキ(白菊月)
シュウサイ(秋彩)
ヤマトボタン(大和牡丹)
イロハヒメ(いろは姫)
ハナノシズク(花の雫)
ハナノヤド(花の宿)
ヒヨリベニ(日和紅)
ロビラキ(炉開き)
トクジロウ(徳次郎)
カイヨセ(貝寄風)
シラユキ(白雪)
アカネグモ(茜雲)