ご訪問いただき有難うございます。どうぞ、ごゆっくりとご覧下さい。

Powered by Six Apart
Member since 10/2011

カテゴリ「思いつくままに」の1件の記事 Feed

2014年3月 9日 (日)

恩師の思い出を 京都で偲ぶ

 一昨年の3月初旬、尊敬していた小学校の恩師が95歳の生涯を閉じられました。子供の頃のことはもう殆ど忘れてしまいましたが、この先生と過ごした思い出は、途切れ途切れに記憶に蘇ってきます。私達が通った小学校は、京都市立 室町小学校 と云います。京都御所や京都五山の一つ相国寺や同志社大学などのすぐ北西にあり、室町幕府の跡地に位置していたのが校名の由来です。先生はとても美人で溌剌とされていたこと、土曜日の午前中の授業が終わったあとなどには、午後からは我々有志たちは先生に連れられて、三十三間堂や、近くの人形寺として有名な宝鏡寺などに見学や遊びに行ったこと、お伊勢さんへの修学旅行、奈良若草山への遠足のことなど、勉強以外のことが色々と思い出されます。一作年の春、学友から突然の訃報連絡を受け、お葬式に参列しました。生涯、独身を貫かれ親族もおられず、教え子たちだけによる簡素なお葬式となりました。私達のクラスから10名弱、2-3年先輩のクラスから15名ほど、そして後に転任されていかれた先の小学校の後輩2名ほどが参列しました。晩年は有料養護施設を幾つか変わられ、亡くなる数年前には先輩のクラスの人が引き受けられて、ご自宅で最後まで面倒を見てくださったそうです。亡くなる1週間ほど前に、先輩に丁寧に今までのお礼を述べられた後は、一切飲食物は取られず、心配した先輩から連絡を受けた私達のクラス代表がお見舞いに行った際も、意識ははっきりされていたものの、飲食物をお進めしても、やはり口にはされず、まさに「生き仏」として、そのまま数日後にはあの世に旅立たれたのでした。見事な死に際の様子を葬儀の時に聞かされ、私にはとても真似出来そうにないと恥じると共に、この先生と短い間だったとはいえ、一緒に過ごせた幸せを改めて感じました。
 さて、前書きが長くなりましたが、先生の三回忌を前にして、クラス会を行い、先生を偲ぼうということになり、京都に集まることになりました。

Kyoto00
 集合地は京都のど真ん中、四条烏丸のすぐ近くです。小1時間ほど、余裕がありましたので、六角堂に立ち寄ってみました。四条通りから烏丸通りを北に二筋目の「六角通り」を東(右)に入るとすぐです。

続きを読む »