ご訪問いただき有難うございます。どうぞ、ごゆっくりとご覧下さい。

Powered by Six Apart
Member since 10/2011

カテゴリ「滋賀いろいろ」の40件の記事 Feed

2016年6月19日 (日)

ササユリ 2016 ~ ④ 繖山登山 湖東のササユリ と 信長公の遺跡

 「繖山」‥難しい字ですが「きぬがさやま」と読みます。今月の山の会例会は、滋賀県の能登川から安土へと連なる、湖東平野のゆるやかな丘陵地、猪子山(いのこやま)・伊庭山(いばやま)・瓜生山(うりゅうさん)・繖山(きぬがさやま)を縦走します。さて、毎年ササユリの最盛期は6月10日前後と、ほぼ一定していたのですが、今年は例年よりも1週間ほど早く、6月4日前後が一番の見頃でした。昨日(6/11)は滋賀県・甲賀でササユリを見ましたので、滋賀県の開花は他府県よりも遅いように思われ、もしかすると本日も見られるのでは、と期待して歩いたのですが、予想以上に多くのササユリと出会えた山行となりました。

★木津川 山の会6月例会 「繖山・安土城跡」 6/12

 当日はJR琵琶湖線(東海道線)能登川駅に集合。9時30分スタートです。

Kinugasayama01
 JR能登川駅から歩いて約15分ほどの所にある上山天満天神社の石鳥居が縦走登山口です。この猪子山一帯は、巨石信仰の山です。古代の人達は、奇岩・怪石などは神様が作られたものと思い、神聖な場所として神が宿ると考えていました。大きな船の形をした巨岩を祀る岩船神社や、猪子山頂上付近の巨岩洞窟(岩屋観音を祀る)などがあり、山腹には40基もの古墳群が点在しています。信仰の山ですので、岩屋観音までの道は参拝用に簡易舗装や石階段が施されています。

続きを読む »

2016年6月17日 (金)

ササユリ 2016 ~ ③ 甲賀のササユリ と ジビエ料理

 山友のHさんが怪我をされて、リハビリに励んでおられます。軽い運動~植物園や町歩き、手軽な里山ハイキングなど~にお誘いして、早く元気になられることを願いながら一緒に歩いています。今回は私が毎年欠かさず参加している人数限定・予約制ハイクが行われました。手軽なウォーキングなので、Hさんや山友さんに声をかけて一緒に参加しました。

★JRハイク 「ササユリの魅力と 甲賀武士ゆかりの城跡を巡る」 6/11

 滋賀県には1300余りの城があって、全国では4番目に城が多いところです(琵琶湖という大きな水面を除くと、城の密集度では全国一です)。これは、この地域が大きな権力を持った特定の領主によって一括支配されていたのではなく、それぞれの地域に割拠する小領主たちが相互に連携しながら、その地域を治めていた、地域支配の仕組みが成立していたからに他(ほか)なりません。特に 甲賀(こうか)や、隣国の伊賀(いが)は自治連合組織の仕組みが強固で、同盟関係まで結んでいました。滋賀県の城跡の多さや分布状況には、こうした地域支配のあり方が背景にあります。
 さて、今回のウォーキングは、そうした城跡を幾つか巡り、甲賀の人たちの町づくりの一つ「ササユリ」の花を見物し、お昼には鹿肉と猪肉のジビエ料理を頂くと云う、嬉しい内容です。

Kouka01
 JR甲賀駅に着くと、いきなり甲賀忍者の手荒いお出迎えです。

続きを読む »

2016年5月28日 (土)

赤坂山・三国山・黒河峠 ② ~ ツツジ、オオバキスミレなど 出会った花

 登山時期が遅かったため、イワウチワ(トクワカソウ)を見たいと云うメンバーの期待は、かなえられなかった今回の山行ですが、そこは、「花の百名山・赤坂山(山と渓谷社・選)」 のことです。早春の山野草のあとを引き継いで咲く、いろいろな花を堪能しました。特にツツジ(躑躅)は、丁度見頃を迎えていて、各種各様 見比べながら楽しむことが出来ました。

Sarasa_doudan01
 サラサドウダン(更紗灯台、更紗満天星)。ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉樹で、日本固有種です。東北から近畿にかけて分布します。深山の岩地に生えるツツジで、釣鐘型の花は総状に多数吊り下がります。花の基部は淡黄色、先端は淡紅色で縦に紅色の筋が多数入るのが特徴です。

続きを読む »

2016年5月26日 (木)

赤坂山・三国山・黒河峠 ① ~ 高島トレイルを歩く

★大阪・山友 「赤坂山・三国山 登山」 5/18

 GW前にマキノ高原の妹夫婦宅に泊りに行き、一人でゆっくりと赤坂山に登ろうと思っていたのですが、都合が付かず、GW後もアッと言う間に日時が過ぎてしまい、これでは、もう花も終わってしまうと、あわてて山行を決めました。大阪の山友たちも行きたいとのことで、都合4名で登山することにしました。日帰り登山となると、黒河(くろこ)峠まで行って、そこから赤坂山までピストンすれば効率良く花に出会えるのですが、黒河マキノ線の林道は荒れ果てて、数年前から車は通行止めとなっています。丁度GWに三国山に登ったブロ友さんが居られたので「黒河峠に車が来ていましたか」と問い合わせたら、「三国山で出会った団体さんはマイクロバスで黒河峠まで来たと言ってました」とのことです。本当かな?と思い、現地マキノの関係団体に電話で問い合わせたら「車は入れません、そもそも黒河峠のトイレ舎のある場所は駐車場ではありません」と冷たい返答です。「車が通れるかどうかを尋ねているのですが‥」「通れません!」。これ以上のやりとりは不要でした。黒河峠へは福井県敦賀市から黒河沿いに上がってくる林道もあり、どうも、車はマキノ側から入ったものではなく、敦賀方面から来たものと判断し、黒河峠からの登山スタートは断念しました。

Akasaka01
 当日は出発時間が遅かったので、渋滞と安全運転を見込んで、マキノ高原到着は10時と想定していたのですが、運よく渋滞にも巻き込まれず、9時15分には現地に到着しました。登山途中での花の開花状態や私たちの体力(所要時間)等を勘案して、赤坂山登頂後は幾つかの下山案を考えておきました。準備を整え、とりあえず赤坂山に登ることにしました。9時30分、旧マキノ・スキー場を横切り、赤坂山登山口に向かいます。

続きを読む »

2016年3月22日 (火)

龍王山 登山

★木津川 山の会3月例会 「龍王山」 3/13

 山の会3月例会は、昨年11月にシルバー健康ウォークの例会で訪れた滋賀県の「東の湖南アルプス=金勝(こんぜ)アルプス」に、再び行きました。昨秋と殆ど同じコースでしたが、違いは前回は北端の鶏冠山からの北峰縦走でしたが、今回は鶏冠山をカットし龍王山への北峰縦走となったことです。以前にも記しましたが、湖南アルプスには、鶏冠山や龍王山などの「東の湖南アルプス」と、太神(たなかみ)山を中心とした「西の湖南アルプス」があります。私がまだ独身時代の頃、友人たちとテントをかついで、よく一泊登山に行ったのは西の湖南アルプスが主でした。東西ともに、たかだか 600m 前後の山々ですが、風化した花崗岩が剥き出しになった荒々しい山容や、尾根筋や山頂から琵琶湖等が一望できる展望の良さが魅力で、低山歩きとは思えない充実感が得られます。

Ryuou01

 JR草津駅からバスで終点・上桐生で下車し、スタートです。北谷線から渓流沿いに落ヶ滝線へ入ります(湖南アルプスではルートを線と呼びます)。渡渉を何度も繰り返しながら落ヶ滝に向かいます。

続きを読む »

2016年2月13日 (土)

京都・山科 から 大津・三井寺へ

★シルバー健康ウォーク2月例会 「小関越え」 2/5

 京都の山科(やましな)から滋賀県の大津までの間の旧東海道・街道には、2つのルートがありました。一つは本道である逢坂(おうさか)山の関を越えるルート(現・国道1号線)、もう一つはその北側を通る裏道です。本道の東海道・逢坂越えを「大関」に例えて、裏道は「小関」越えと呼ばれました。小関越えは山科の横木町から本道と別れ、小関峠を越えて、大津宿・札の辻(現・京町1丁目交差点)で再び東海道の本道と合流する、およそ4kmの道のりです。古くから京都と北国とを結ぶ間道として利用され、また、京都から三井寺(園城寺)へ至る最短ルートだったことから、その参詣道としての一面も併せ持っていました。以前に歩いた旧東海道・本道の「逢坂の関越え」は → こちら をご覧ください。

Kosekigoe01

 午前10時、JR山科駅に集合、スタートです。今回は東海道旧道は歩かず、すぐに北上し、琵琶湖疎水に沿って歩き、途中で小関越えルートに合流します。疎水の散策道から見た東海道本線(琵琶湖線)と湖西線です。左手が大津方面、右手正面が京都・東山方面です。

続きを読む »

2015年9月24日 (木)

うつくし松 と 美酒 を訪ねて滋賀県へ

 遠い昔~まだ30代後半の元気旺盛な頃、勤務先の仲の良かった先輩や同輩たち10数名と、泊りがけで飲み会を催しました。参加条件は、自分が一番気に入っている清酒(一升瓶)を各自1本持ってくることで、各々これぞと思う銘酒を選んで、集まってきました。飲み会の前に、銘柄名を伏せて、全員ですべての酒の利き酒をし、最も美味かったもの一つを選んで投票することにしました。結果、その席で参加者の半数以上の支持を得て、見事ナンバーワンに輝いたのが、滋賀県の「御代栄(みよさかえ)」と云う清酒でした。持参者以外は、当時誰一人として名前を知っている人もいなかった、まさに隠れた名酒でした。以来、私もその酒に取りつかれてしまったのですが、何分少量生産で地元でしか入手できず、私にとっては次第に幻の酒となっていきました。定年退職後、滋賀県へウォークに出かけることが多くなり、年に数回は、この御代栄の蔵元である湖南市・北島酒造さんに立ち寄るようになり、今ではウォーク以上に、ここで酒を買って帰るのが楽しみで出掛けています。その湖南市で出会った、もう一つのお気に入りが、「うつくし松」と云う見事な松です。1年前に出会った「うつくし松」については → こちら

★JRハイク・湖南市観光協会 「北島酒造の酒蔵見学とうつくし松を訪ねる」 9/19

 うつくし松に最初に出会ったのは昨年の秋で、湖南市の某公園でしたが、同じ見るなら、やはり、国の天然記念物に指定されている自生地を直接訪れて、ゆっくり見たいと思っていましたので、今回のウォークは願ってもない企画でした。

Kousei01
 JR草津線「甲西駅」に9時20分集合ということで、親友と待ち合わせ、JR加茂駅7時33分発の関西線・柘植経由で、甲西駅に9時過ぎに到着。スタートまでに受付を済ませた本日の参加者は総勢45名でした。

続きを読む »

2015年9月 7日 (月)

太郎坊山(赤神山) に登る

★シルバー健康ウォーク 「岩戸山~箕作山~太郎坊山」 9/4

 涼しくなっても、秋雨前線の影響で、仲々すっきりした天候になりません。9/4は当ウォークの予定日で天候が気がかりでしたが、前々日の天気予報では、金曜・土曜(9/4-5)は束の間の晴れ日になる、とのことで一安心です。以前、滋賀県の彦根へ行った際に、車から見かけたオニギリのような岩山が妙に気になりました。山腹に僧坊のような建物が見えましたので、修験道の山らしく、調べてみたら太郎坊山(太郎坊・阿賀神社)であることが分かり、一度は訪ねてみたいと思っていたのですが、当ウォークの今年の予定に入っていることを知り、この日を心待ちにしていました。

Taroubou01

 当日は、JR京都駅で琵琶湖線(東海道線)に乗換え、近江八幡駅で下車、更に近江鉄道へと乗換えます。ホームで待っていた電車を見て、全員ビックリ!警察のラッピングカーです。近江鉄道は西武鉄道の子会社なので、電車も西武のお下がりが殆どで、これは西武鉄道401系を改良した近江鉄道820系車両です。このラッピンガ・カーは通称「パトカー電車」と呼ばれ、滋賀県警が「春の全国交通安全運動」キャンペーンの一環として、近江鉄道に依頼したもので、2012年4月から運行が開始されており、鉄道ファン垂涎の珍しい特別塗装車です。車内には、近江八幡市出身で 滋賀県交通安全ふるさと大使になっている AKB48の 田名部生来(たなべみく)さんをモデルにした婦人警察官の制服姿が色々描かれていました。

続きを読む »

2015年4月19日 (日)

三上山 北縦走路で出会った植物たち

 三上山及び北縦走路で出会った植物たちです。順不同に並べてみました。

Zaifuriboku01

 ザイフリボク(采振り木)。バラ科ザイフリボク属の落葉小高木です。「これっ、何という花?」 とメンバーの人から突然聞かれてしまって、度忘れして名前が出てきません。何度も見ている花なのに‥。帰宅して過去の記録を調べてみて、ザイフリボクだったことを思い出しましたが、時すでに遅しでした(メンバーの皆様、すみませんでした)。

続きを読む »

2015年4月18日 (土)

三上山 北縦走路を歩く ②

 昼食後は再点呼をとり、後半のルートを確認して出発です。

Mikami15
 冒頭で書き忘れましたが、本日の参加者は42名もの多数でした。

続きを読む »

2015年4月17日 (金)

三上山 北縦走路を歩く ①

★木津川 山の会4月例会 「三上山 近江富士」 4/12

 山の会・今年度最初の例会企画は、滋賀県野洲市の三上山(みかみやま)に登り、北縦走路を歩きます。三上山は標高432m、古代より 「神のいます山」 として敬い崇められてきました。
 ”
打ち出でて 三上の山を詠(ながむ)れば 雪こそなけれ 富士のあけぼの” 紫式部
と式部が詠みましたように、一般的には 近江富士 の愛称で知られる、低いながらも円錐形の見事な山容を見せる山です。また、藤原秀郷(俵藤太)による大ムカデ退治伝説が残ることから、「ムカデ山」の異名も持っています。

Mikami01
 2/23の「富士山の日」に一人で登る計画を立てていたのですが、山の会の4月例会で行く予定になっていると聞いて、この日まで待っていました。当日は、JR野洲駅に集合・受付のあと、9時20分スタート、三上山へと向かいます。東海道新幹線高架下を過ぎますと、三上山の美しくなだらかな山容が目に入ってきます。今回初めて知ったのですが、三上山には雄山と雌山の二山があって、普通、三上山と呼ばれるのは雄山のことなんだそうです。右手に並んで見える山が、三上山の雌山(左)と菩提寺山(右)です。

続きを読む »

2015年3月 8日 (日)

エイリアンが出た!

 2泊3日で滋賀県マキノ高原へ休養に出掛けました。マキノから車で40分も走ると、福井県・敦賀市ですので、「日本海さかな街」という大きな海産物市場へお土産の物色に行ってみました。妹や義弟たちは一途に越前ガニ探しですが、私たちは高いものには用がないので、ニシン寿司や大根寿司、イカの塩辛など酒の一品を求めて、市場内をあちらへ行ったりこちらへ行ったりしている時、突然、目の前に‥

Turuga01a

 ウワッ!なんじゃ、こりゃ! エイリアンが出た~っ!

続きを読む »

2014年12月20日 (土)

初冬のマキノ ② ~ 日本猿

 本日(12/19)一人で低山ウォークに出かけたのですが、歩いている時は、全く何もなかったのに、帰りの電車に乗った途端、身体のだるさを覚えて、帰宅してもブログを書く気が起こりません。先日のマキノ訪問時に見かけたニホンザル(日本猿)のピン甘写真で我慢してください。

Makino21

 マキノへ行った翌朝、車でスーパーまで買物に出かけ、家に戻ってくる途中のメタセコイア並木に、何十匹ものの日本猿が雨の中で餌探しをしていました。帰宅して、すぐにコンデジ片手に傘をさしてメタセコイア並木に駆けつけました。道路を数匹のサルが悠々と横断していました。

続きを読む »

2014年12月18日 (木)

初冬のマキノ ① ~ メタセコイア並木

 墓参りの後、妹夫婦たちと久しぶりにマキノへ2泊3日で休養に行きました。寒気が近づいているとのことで、上手くいけばメタセコイア雪花が見られるかもしれないと云う期待と、下手をすれば降雪で帰宅できなくなるかもと云う不安が、入り混じっていました。結果は3日間とも雨ないしミゾレまじりの小雨となってしまいました。家内や義弟などは近くの白川温泉に行って、のんびり温泉びたりです。風呂が余り好きでない私は温泉には行かず、一人で傘を差して周辺を散策です。メタセコイア並木は紅葉と落葉でオレンジロードと化していました。写真だけご覧ください。

Makino01

 マイノ高原・メタセコイア並木」の案内板です。

続きを読む »

2014年12月 5日 (金)

あかねさす 紫野行き 標野行き‥ 白洲正子さんの足跡を訪ねて 

 滋賀県は知れば知るほど面白くて奥深いところだと思う。特に甲賀から東近江地区の歴史遺跡を訪ねると、その実感を強くします。大好きな白洲正子さんの著書「かくれ里」や「近江山河抄」から受けた影響が多々あるのも一因でしょう。11月中旬に正子さんが訪ねた「甲賀のかくれ里」を巡りましたが、半月も経たぬうちに、またしても、正子さんが訪ねた「蒲生野」と「雪野寺」に行く機会に恵まれました。

★JRハイク・竜王町教育委員会 「雪野山れきし探訪~悠久の蒲生野を行く」 11/29

 当日は朝から生憎の降雨です。午後からは雨も止むとのことで、朝7時の電車にてJRを乗り継いで、JR琵琶湖線・近江八幡駅には8時40分に到着です。

Yukinoyama00

 近江八幡駅前から、9時過ぎのバスで「川守」まで行き、そこから集合地の「妹背(いもせ)の里」まで歩く予定でしたが、降車したバス停には、降雨を心配した竜王町のスタッフさんが待ち受けていて、妹背の里まで乗用車に分乗して連れて行ってもらうことになりました。

続きを読む »