ご訪問いただき有難うございます。どうぞ、ごゆっくりとご覧下さい。

Powered by Six Apart
Member since 10/2011

カテゴリ「和束町いろいろ」の5件の記事 Feed

2013年2月16日 (土)

春隣(はるどなり)

 不安定な天気が続いています。単に三寒四温の言葉通り、寒い・暖かいの繰り返しだけなら、まだよいのですが、晴れているのでウォーキングに出掛けたら、俄かに曇り出し、雨や小雪や霰(あられ)が頬を打ちます。そんな中、先日は比較的平地を 18km 歩き、翌日は友人と近くの山歩きに行きアップダウンを 18km 歩いて二日で 36km、さすがに山歩きの後は少し足が重くなりました。

 山や里を歩いていると、少し春を感じてきました。昔の人は、冬から春に移り行く様相を、順に ”春待つ → 春近し → 春隣(はるどなり)” と表現してきました。こうした旧暦の言い回しには、「自然と人の生活」との関係が微妙に現され・感じられて、いいものですね。そうした "春隣" の頃に出会った植物たちを取り上げて見ました。*今まで「フォトアルバム」にて「○年○月出会った植物たち」として月毎にまとめてきましたが(フォトアルバムを整理してみたく)、今年からはブログ記事本体で、印象に残った出会いを取り上げたいと思っています。

★昨年の名残りの植物たち

 年が変ってひと月半にもなりますが、野山にはまだまだ昨年の秋の名残りの植物たちがあちこちに見られます。

Ht01

 大きなキカラスウリがまだぶら下っていました。ウバユリ、ノアズキ、トキリマメはいずれも、もう種子は殆ど落ちて空(カラ)サヤばかりの中で、豆や種が残っていたものが僅かに見られました。

続きを読む »

2012年12月21日 (金)

和束町を歩く ② ~城址巡りとイノシシと。

★和束の城址めぐり 12/20

 山城(やまじろ)が好きな友人たちと和束町の山城跡を訪ねました。実は3ヶ月前に、和束茶源郷ガイドの会主催の「和束の城跡を訪ねて(9/16)」に参加しました。この時に所要で参加できなかった友人たちから「行きたいので案内して」と所望されましたので、12/20に再び行くことにしました。山城跡というのは、城の形跡とか遺物というようなものは殆ど何も残っていないことが多く、標識でもない限り場所を探し出すのも難しく、現地で写真を撮っても、説明が付いていないと何の写真なのかもわからず、紹介の難しい対象物です。

W13

 4つの城跡を訪ねたのですが、最初に訪れたこの白栖(しらす)城が、何とか山城らしい面影が残っていました。主郭のあった山頂部分に土塁や堀切が明瞭に見られました。和束の城としては一番古く、康和2年(1100)に大和・神南(かんなび)城主・紀永春(キノナガハル)が武功により、和束杣郷を領収し、承久元年(1219)紀房興が白栖の森田山に築城しました。紀氏は森田氏と改姓。このお城も別名:森田城と呼ばれています。森田家は以後、和束の豪族として栄えますが、後述しますように天正3年(1575)に米山氏との戦に破れ、森田城は落城しました。霊性寺が城主・森田家の菩提寺だったことは先のブログ記事で触れた通りです。

続きを読む »

和束町を歩く ① ~石仏と古墳巡り

 和束町の今年最後のウォーキングが行われ参加いたしました。和束町の企画行事に参加するようになったのは、「平城遷都1300年」に当たる2年前の秋(2010年9月)に、和束町雇用促進協議会主催の「恭仁京東北道歴史街道ウォーク」が最初でした。4回にわたって滋賀県・紫香楽京(しがらききょう)から、当地の恭仁京(くにきょう)を経由し、奈良県の平城京まで、聖武天皇に縁のある宮跡を歩く企画で、ゴールの平城京ではマスコット(ゆるキャラ)のセント君の出迎えを受けた楽しい企画でした。和束のスタッフの皆さんの親切で、精力的なサポートが身に沁みて(特に事務局のT氏とは懇意にもなって)、以後、出来る限る和束の企画には参加するようにしてきました。

★和束茶源郷ガイドの会「平成24年師走ウォーク 石仏巡り」 12/16

 当日は、いつものように「和束茶カフェ」に集合です。

W01

 参加受付を済ませ、頂いた資料の説明を受けたあと、ウォーク・スタートです。

続きを読む »

2012年11月 7日 (水)

茶源郷まつり~和束(わづか)の茶畑と史跡を訪ねて

 京都府相楽郡和束町。私たちの町(木津川市・旧加茂町)と隣り合う山間の静かな町で、京都府下最大のお茶の生産地です。宇治茶と云われるものの4割弱は和束のお茶なんです。「宇治茶」は、和束町・宇治田原町・南山城村・宇治市・城陽市などを主な生産地とするお茶の総合ブランドなんです。和束町ではオリジナル・ブランドである「和束茶」名をもっと浸透させるべく、各種イベント等が行われています。「茶源郷まつり」もそのひとつで、お茶の魅力を伝えながら町をアピールするフェスタとなっています。

★茶源郷まつり 11/3-4

Waduka01

 会場の和束運動公園のメインゲートで来場者を歓迎する「茶ちゃ(チャチャ)」ちゃんです。お祭りの謳い文句は、①世界のお茶が飲める、②お茶を使った料理やスイーツが食べられる、③茶畑ツアーに行ける等です。

続きを読む »

2012年10月20日 (土)

ウォーキング記録 (2012 その3)

 2012年度9月~10月の期間に、私が参加したイベント・ウォーキングのなかで個々のブログ記事に紹介できなかったウォーク(個人ウォークは除く)を、取りまとめてみました。

★相楽健康ウォーク「京都府サイクリングロード(久世橋~渡月橋)」 9/7

 京都府サイクリングロード(正しくは府道京都八幡木津自転車道線)のうち、京都市南区の久世橋から桂川上流沿いに嵐山・渡月橋までを歩きます。JR東海道線「桂川駅」に集合し、スタートです。

01

 久世橋を渡ってすぐ下の堤防の道が京都府サイクリングロードです。北は京都市西京区・嵐山渡月橋から南は京都府木津川市・泉大橋まで総延長45kmの自転車専用道路です。更に泉大橋から奈良県の奈良まほろばサイクリング道(略称:ならクル)に繋げると、京都・嵐山から奈良・飛鳥まで実に90kmのサイクリングが楽しめる、日本有数の自転車道です。今日はその道をウォーキングしながら嵐山に向かって歩きます。

続きを読む »