ご訪問いただき有難うございます。どうぞ、ごゆっくりとご覧下さい。

Powered by Six Apart
Member since 10/2011

カテゴリ「近隣地域いろいろ」の10件の記事 Feed

2015年12月19日 (土)

野鳥撮影Ⅳ ~ カイツブリ、オオバン、バン 他

 今回の野鳥撮影ウォークの最終回です。水鳥だけでなく、セキレイ類にも出会いました。 

Kaituburi01

 カイツブリ(鳰)。詳しいことは知りませんが、大抵の池には1-2羽います。カモのように集団でいるところは見たことがなく、単独もしくはペアで自由気ままに生きているようです。余り群れをつくらずマイペースで生きている奴って、私と同類項のようで、親しみが出てきます。小さな鳥なのに、大勢のカモたちにも、全く怖じけず、平気でカモの群れの中に入って横切って行くところなど仲々のものです。遠目では真っ黒に見える鳥なのですが、アップでこうしてみると羽根色は茶褐色です。

続きを読む »

2015年12月17日 (木)

野鳥撮影Ⅲ ~ カモ(鴨)いろいろ ハシビロガモ 等

 一日かけて池巡りウォークをすれば、結構多種多様の鳥に出会えることが分かりました。特にカモ類は多くて、何百羽ものカモたちに出会いました。ただ、オシドリのように単独で群れることはなく、なにもかも一緒になって群れていますので、一体何種類いるのか分からず、遠目にはみんな同じように見えますので、撮り逃している種類もそこそこあったと思います。WEBや図鑑で調べてみても、はっきり同定出来ないものもありました。身元不明者はお蔵入りしてもらい、名前が分かったカモたちです。残念ながら、今回は オシドリ には出会えませんでしたが、オシドリもカモの一種です。

Hasibirogamo01

 ハシビロガモ(嘴広鴨)の雄。多分、くちバシが平(ひら)べったくて、幅ヒロいので「ハシビロ」なんでしょう。嘴に特徴のある鴨で、こういう鴨なら私でも見間違うことはありません。

続きを読む »

2015年12月15日 (火)

野鳥撮影Ⅱ ~ コブハクチョウ、ゴイサギ 他

 野鳥撮影は、やはりコンデジでは無理があると云うのが、先日アップした12/7付ブログ写真を見ての反省です。ウォーキングの方は、毎年同じような企画の繰り返しが多くなり、特に参加してみたいと思うものが余りありません。山で鳥を探すのは苦手ですが、大きな池や溜池には水鳥がいますので、当地周辺から奈良にかけての、池を巡るウォーキングに出掛けてみました。鳥の名前は余り分かりませんが、兎に角撮ってみて、帰宅後調べることにしました。野鳥を撮るだけの目的で歩きに出るのは初めてですが、お天気も良くて、気持ちよく歩けそうです。ザックを担ぎ、コンデジを腰ベルトに付け、ネオ一眼を首からぶら下げて、9時30分に自宅をスタート、最初の池に立ち寄った後は、次はどの方向に行こうかと右往左往しながら、平城京跡まで行き、ゴールとしていたJR奈良駅にたどり着いたのは、夕陽が沈みかけていた16時20分でした。帰宅後GPSで確認してみたら、距離にして 20km 強を歩いていました。今回は出会った鳥の中から、分かりやすい比較的大きな水鳥たちを取り上げてみました。

Kobu_hakutyou01

 オッ、白鳥がいました!悠々と大きな池の岸近くで遊んでいました。帰宅して調べてみたら コブハクチョウ(瘤白鳥) と云う品種でした。日本には本来分布していない外来種だそうですが、今や日本中に結構定着しているそうです。

続きを読む »

2014年6月27日 (金)

2014 上期 ウォーキング回顧記録 ③

 2014年度上期(1-6月)に参加した未アップのイベント・ウォーキング、賞味期限切れ第3弾です。

★精華町ふるさと案内人の会 「せいか小さな旅」 4/22

 今回のウォークは、精華町内に残る鉄道遺跡や古墳、南山城三十三番札所のうち精華町内に位置する幾つかの寺院を訪ね、ウォークの最後には「いちご園」に立ち寄り、新鮮なイチゴを味わいます。

Seika01_2
 木津川左岸(西側)に位置する精華町を南北に、JR学研都市線(旧片町線)と近鉄京都線が並行して走っています。この片町線に今は廃線となった「川西側線」と云う線路が敷かれていました(上の地図の点線部分)。

続きを読む »

2013年12月28日 (土)

その他のウォーキング記録 (2013下期・7~12月②)

 いよいよ今年もあと4日となりました。今回で、未アップのイベント・ウォーキング記録の整理も終了です。なんとか年内に間に合いました。

★精華町ふるさと案内人の会「稲屋妻城址を訪ねて」 12/22

 今月は9日以降、家内の転院や義父の葬式等で、バタバタしていてたのですが、ようやく落ち着いた頃、友人が半日(午前中)だけのウォーキングあるので、参加しませんかと誘ってくれました。ウォーク・コースは以前にも歩いた所ですが、家に居ても気が晴れないので、気分転換をしに一緒に行くことにしました。

Seika01a
 集合地の精華町役場北駐車場(商工会館前)で受付・準備体操をしてスタートです。

続きを読む »

2013年10月14日 (月)

南山城の丘陵地帯を歩く その② 植物編

 歴史的遺跡など観光的なものは特に何もない童仙房・野殿ウォーク。「何もない」というのは逆に「自然がいっぱいある」ということです。植物観察のため過去2回、ここを訪れたことがありました。3度目の今回は、黄葉や紅葉にはまだ少し早かったのですが、山の果実があちこちで見られ、私にとっては 21.8km の行程など全く気にもならなかった楽しいウォークでした。そこで出会った植物たちを、順不同で並べてみました。

Dousen11
 山道沿いに秋のウォークを演出してくれたススキ。金色の穂に劣らず、この赤い穂姿も素敵です。

続きを読む »

2013年5月23日 (木)

笠置山・登山 ~ ウツギの仲間やテンナンショウなどと出会う

 イベント・ウォーキングが集中する土・日曜日に今月は雨となる日が多く、主催者をやきもきさせているようです。平日は一転して好天のウォーク日和です。天気もいいので、お隣の笠置町へ行って、笠置山に登ることにしました。笠置山は後醍醐天皇と鎌倉幕府(足利軍)との「笠置山の戦い」で有名な所で、山上の笠置寺には後醍醐天皇の行在所跡があり、紅葉の名所でもあり、全山京都府立笠置山自然公園に指定されています。ところが地図などを見ると、笠置山の標高は殆どが 288m と記されていますが、希に 324m と記されていることがあります。一般的には笠置寺がある山上を笠置山としているケースが多いので、この場合 288m となります。ただ、この笠置寺の更に奥にもう一つのピークがあり、こちらに3等三角点「点名:笠置山」が置かれているのです。こちらの標高が 324m なのです。ピークが2つ存在しているのです。一般観光客は前者(笠置寺)を笠置山と理解し、登山者は後者(三角点)を笠置山と呼んでいます。本日は一人気ままに、登る人も殆どいない後者に行くことにしました。

★笠置山・三角点に登る 5/17

Kasagiyama_01

 JR笠置駅から一旦西方の栗栖天満宮のある小高い丘に登り、下山して府道33号線・白砂川沿いに木津川に架かる笠置大橋まで戻りました。その途中の白砂川から東方に見た笠置山です。正面が笠置寺のある頂き、その右手奥に見えるのが三角点のある笠置山です。

続きを読む »

2012年11月12日 (月)

笠置山に紅葉を訪ねて

 恒例の加茂駅からお隣の笠置駅まで伊賀街道を歩くイベント・ハイキングが行われました。お昼過ぎには笠置に到着し、ハイキング自体はそこで現地解散となりました。その後、オプション・ハイクとして希望者(有志)のみで、笠置山に登り 「笠置寺拝観とモミジ観賞」 に再出発することになりました。「イベント・ハイク」及び「笠置寺」自体の紹介については改めてすることにして、今が丁度見頃だった笠置山の紅葉をご紹介いたします。

★笠置山の紅葉(モミジ)を見る 11/10

 大半のウォーキング参加者は解散と同時に帰ってしまい、笠置山へは残った10数名だけで行くことになりました。

Kasagi01

 笠置山へのゲートです。正面の左手は自動車道で、私達は正面右手から急坂の続く登山道を登ります。

続きを読む »

2012年3月20日 (火)

伊賀街道を経て笠置町を歩く

 加茂町内の藤堂高虎遺跡めぐりをしたあとですが、偶然の巡り会わせというか、加茂から笠置町まで「伊賀街道」を歩く企画が続いてありました。コース自体は山越えで特に見るべきものもなく、また昔とは一部歩く道筋も変わってしまっていますが、歩きに飢えている時期でもあり、仲間の皆さんらと一緒に参加しました。

★相楽健康ウォーク「加茂から笠置へ」 3/16

 不安定な天気が続いていましたが、今日は久しぶりに朝から太陽も姿を見せて、ウォーキング日和となりそうです。普段どおり、参加受付と準備体操を終えて9時40分、JR加茂駅東口からタートです。
 とにかく笠置までは山越えウォークで、ひたすら歩くのみです。約50分で(10時30分)加茂町山田集落に到着です。ここからは山の茶畑を経て、雑木林に入っていきます。

Imgp5594

 このあたりは加茂町内ですが、笠置町の飛び地が非常に多い地域です。この高台に「加茂笠置組合」の小屋が建っていてトイレ休憩です。向こうに見える山肌が削られている下あたりに木津川が流れています。

続きを読む »

2012年1月27日 (金)

精華町を歩く~南山城三十三番札所巡り

 木津川市歴史学習会の方から精華町散策のお誘いを頂き、一緒に参加しました。南山城三十三番札所は、1番・海住山寺(加茂町)から33番・泉橋寺(山城町)まで木津川の右岸・左岸を巡り歩きますが、本日は精華町内の寺院を巡るウォーキングです。

★木津川市歴史学習会「江戸時代の山城に流行った“南山城三十三番札所巡り”~精華町散策」 1/26

 朝10時過ぎにJR下狛(しもこま)駅に到着。近鉄・狛田駅に到着した人達と合流して、ただちにスタートです。精華町は車で通り過ぎるだけで、なかなかゆっくりと訪ねることが少なかった所、というのが大方の皆さんの声で、本日のウォークへの期待も大です。

Nyakuouji1

 最初に訪れたのは、16番札所・鞍岡山(あんこうざん)若王子(にゃくおうじ)です。本尊は平安後期の作・阿弥陀如来坐像ですが、その両脇にあった菩薩像が正座(坐像)で独特の前かがみ姿・立て膝姿(*)で、私には本尊よりも強く印象に残りました。しかし、撮影するのはためらわれて諦めました。ご住職の話では「奈良にも同じような前かがみの像がある」とのことでしたが、肝心なお寺の名前を忘れてしまいました。

続きを読む »