« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

最近出会った鳥や蝶たち ~ コチドリ、スジグロシロチョウ 他

 花から離れてちょっと一服、当地をウォーク中に出会った鳥や蝶です。

Kotidori01

 コチドリ(小千鳥)。チドリ科チドリ属。田畑の近くを通る時には、今年もヒバリ(雲雀)の姿を見たくて、目を凝らしているのですが、今もって「声はすれども姿は見えず」です。その田畑の中で、ちょこちょこ動くものが見えました。今日もコンデジしか持って来ていませんでしたが、思い切りズームアップして何枚かシャッターを切ってみました。勿論カメラの小さな画像では何者か分からず、帰宅後パソコンで映し出してみたら、こんな鳥でした。「目玉のまわりに黄色い輪 鳥」と、思ったまま検索してみたら、「コチドリ」がヒットしました。

続きを読む »

2016年4月29日 (金)

当地の花たち ④ ~ アケビ3種、カクミノスノキ、サルトリイバラ 他

 最近出会った当地の花たち、木本編の続きです。

★アケビ3種

Akebi01
 アケビ(木通、通草)の雌花。今回取り上げる三種ともに、アケビ科アケビ属のツル性落葉樹で、雌雄同株・雌雄異花です。アケビの雌花は、白色ないし淡紅色ですが、ここでは結構紅色が強く出ていました。花の中央には紫色のバナナ状のメシベがあり、柱頭の先には甘みを持った粘着性の液体が付いています。オシベの花粉がここに付着すると受粉が成立し、成長して果実となります。

続きを読む »

2016年4月28日 (木)

当地の花たち ③ ~ トチノキ、ヒメコウゾ、キリ、フジ 他

  最近出会った当地の花たち、樹木編です。

Totinoki01
 トチノキ(栃の木)。トチノキ科トチノキ属の落葉樹。早くも穂状の花が咲いていました。穂は高く立ち上がり、個々の花と花びらはさほど大きくありませんが、全体としては賑やかな、よく目立つ花です。

続きを読む »

2016年4月27日 (水)

当地の花たち ② ~ ミヤコグサ、フデリンドウ、タツナミソウ 他

 最近出会った当地の花たち、草本編の続きです。

Miyakogusa01
 ミヤコグサ(都草)。マメ科ミヤコグサ属の多年草。鮮やかな黄色の、いかにもマメ科と思わせる花はよく目立ちます。花は長い花茎の先に1-3個付きます。外見上は殆ど同じに見える、ヨーロッパからの帰化種、セイヨウミヤコグサ(西洋都草)の花数は3-7個と、ミヤコグサよも沢山付き、葉や茎にも毛がありますので、判別は容易です。

続きを読む »

2016年4月26日 (火)

当地の花たち ① ~ ニリンソウ、チゴユリ、シュンラン 他

 当地では、数年前まで見ることが出来ていた花が、今は姿を見かけなくなったものが色々あります。キキョウ、リンドウ、ノカンゾウ、アマナ、ツチアケビ、ノダケ等々、数えだすとキリがありません。ニリンソウは何とか命を繋いでいますが、心無い人の採掘や農薬散布などで、随分減りました。なんとか絶えないように祈るばかりです。今年もニリンソウの定点観察を続けている幾つかのポイントを訪ね、生育状態を確認して回りました。農薬で絶滅したと思っていた某ポイントでは、今春に2年ぶりに新芽が出ていたのを確認し、先頃再訪問したところ幾つかの花が咲き、僅かながら復活していたのが喜ばしい出来事でした。加えて、今まで知らなかった新たな群生地を発見出来たのも大きな収穫でした。

Nirinsou01
 ニリンソウ(二輪草)。キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。今更説明するまでもなく、1本の茎から2輪づつ花茎が伸びるのが特徴ですが、たまには1輪のものや3輪のものもあります。

続きを読む »

2016年4月23日 (土)

音羽山 登山

★木津川 山の会4月例会 「音羽山から醍醐寺へ」 4/10

 時系列的な整理が間に合わず、最近の出来事を先に記事にしたり、以前のものがこれからの記事となったりして、支離滅裂です。まぁ、どれもこれも、ここ半月以内の出来事ばかりですので、春の記録としてご理解ください。さて、木津川・山の会の今月の例会は音羽山(おとわやま)登山です。音羽山は、京都府京都市山科区と滋賀県大津市の境界に位置する山で、山頂の南北に連なる稜線が府県境を形成しており、山頂付近は京都府の管轄となっています。

Otowayama01
 当日は各自電車を乗り継いで、京阪・大谷駅に集合です。駅前にある蝉丸神社と東海道の要所、逢坂山の関跡です。山間の狭い地にある逢坂之関跡記念公園で、出欠確認と準備体操を済ませ、9時25分スタートです。

続きを読む »

2016年4月21日 (木)

小塩山で出会った植物たち

 小塩山登山のお目当て「カタクリとギフチョウ」は、残念ながら天候に恵まれず不本意な結果となりました。そうした中で出会った植物たちです。

Enreisou02
 エンレイソウ(延齢草)。ユリ科エンレイソウ属の多年草。根元から茎が一本伸び、その先端に3枚の葉が輪生しますが、葉は葉柄を持たず、茎から直接出ています。その葉の中心から短い花柄が伸び、小さな花を付けます。

続きを読む »

2016年4月19日 (火)

春の山歩き ~ 小塩山

 山野草に誘われて、大阪の山友さんたちと春の山歩きに出掛けています。3月下旬より歩き始め、すでに3回目となりました。1回目は、3/26に「ミズバショウを見たあと、センボンヤリ探し」に、2回目は、4/6に「ムベの花を見たあと、某山頂でのお花見とイチヤクソウ探し」に行きました。この1-2回目の山歩きは山行記録が追いつかず、出会った植物だけを、ブログアップしました。今回は3回目で、小塩山(おしおやま)への登山です。小塩山は、京都府と大阪府との府境に近い、京都市西京区の西山山地に位置する山で、山頂には国土交通省、警察、消防、関西電力、大阪ガスなどの無線中継アンテナが数多く建てられ、NHKや民放のFM送信アンテナなども建てられているアンテナ群立の山です。近年は「西山自然保護ネットワーク」の皆様の努力で、京都市内周辺では「カタクリとギフチョウ」が見られる見られる場所として有名で、「ギフチョウ」は府内ではここにしか生息しておらず、京都府の天然記念物に指定されています。

★大阪・山友 「カタクリ見物と、ギフチョウ探しに」 4/11

Osio01
 当日は阪急・東向日駅で9時に待ち合わせです。参加者は5名で、今日のリーダーは全国の山のツアー・ガイドをされているIさんです。写真は阪急電車の車窓から見た小塩山で、山頂にはアンテナ用の鉄塔が幾つも見られます。

続きを読む »

2016年4月17日 (日)

コケリンドウ、ヒメハギ、ルリタテハ 他

 山歩きの記録や、出会った山野草・蝶々など、取り上げたい素材が色々溜まっているのですが、頭の整理がつかず、仲々作業が追いつきません。とりあえず、最新の素材をトピックス的に取り上げてみました。

Koke_rindou01
 一番最新の写真、昨日(4/16)に京都市内の某山で出会った コケリンドウ(苔竜胆)です。リンドウ科リンドウ属の多年草。和名の由来は「苔」のように小さく、地面に貼りついて咲く「竜胆」 というところからきています。

続きを読む »

2016年4月15日 (金)

春の鹿華苑 ② ~ ヨシノツツジ、シャクナゲ、シデコブシ 他 

 鹿華苑さんで見た春の木本たちです。

Yosinotutuji01
 ヨシノツツジ(吉野躑躅)。ツツジ科ツツジ属の落葉樹で、シャクナゲとツツジの交配種です。別名を「西洋シャクナゲ “吉野”」とも云います。シャクナゲもツツジ科ツツジ属なので分類的には全く同じです。本来のシャクナゲよりも小さな花を咲かせます。開花時には樹木全体を覆い尽くすほど、花つきの良い、存在感抜群のよく目立つ花です。ヨシノツツジは、2002年の園芸博覧会(フロリアード)で金賞を受賞した植物です。

続きを読む »

2016年4月13日 (水)

春の鹿華苑 ① ~ ヒゴスミレ、キクザキイチゲ、ミズバショウ 他 

 天気がいい日を選んで、明日香から多武峰(とうのみね)へ、ドライブがてらに花見に行って来ました。春休みも終わりに近づき、人出は思った以上に多くて、車の中から見た、飛鳥川堤防の桜並木、石舞台古墳の桜、多武峰・談山神社周辺の山桜なども、どれも見事なものでした。運転でサクラの写真は撮れませんでしたが、車窓からのお花見は楽しめました。折角、多武峰まで足を伸ばしたので、鹿華苑さんに寄ってみました。毎年、何回かはここを訪れては、四季折々の山野草を見せてもらっています。苑内に入ったところで、偶然ご主人のOさんにお会いしました。「ミズバショウが旬ですよ。鹿が来て植物を食べるので、柵をしていますから、柵を開けてご自由にご覧ください。出られるときは戸締りを忘れずによろしく」と親切なアドバイスをいただき、順々に廻ってみました。

Eizan_sumire01

 今回一番心を惑わさられたのは、このスミレでした。ミズバショウの頃には今までも来ているのですが、このスミレは見逃していたようです。道端で見かけた時、これは「ひょっとして‥」と期待に胸躍らせながら写真を撮りました。帰宅後、確認のため検索すると、どうも期待していたものとは少し様相が違います。念入りに調べれば調べる程、期待のエイザンスミレ(叡山菫)ではないようです。どうも ヒゴスミレ(肥後菫)のようでした。

続きを読む »

2016年4月11日 (月)

植栽の山野草たち ~ ムベ、セッコク、イワヤツデ、ミヤコアオイ 他

 山野草を見に、山へ行っても、タイミングが悪くて、まだ開花していないことが多々あります。改めて足を運べばよいのでしょうが、あちらにも行きたいし、こちらにも行きたい、と欲深くて、余程でないと再訪は出来ません。運良く、別の山で見られることもありますし、植栽ものを見て我慢することもあります。今回は他家や我が家で咲いている植栽ものの山野草です。

Mube01
 大阪の山友さんから「庭木ですが、丁度今、ムベの花が見られます。山に登る途中の家だから、それを見て山歩きに行きましょう」と云う連絡があり、早速二つ返事で山歩きにに行くことにしました。ムベ(郁子、野木瓜)は、アケビ科ムベ属のツル性常緑樹です。山では何度も、熟す前の緑色の果実や、熟した赤い果実を目にしていますが、花は今まで見たことがありませんでした。当日は山友さん達と待ち合せて、ワイワイガヤガヤ喋りながら、そのお宅の前まで来たら、丁度ご主人が庭に居られたので話を交わしながら鑑賞させてもらいました。

続きを読む »

2016年4月 9日 (土)

サクラ、サクラ

 サクラ満開宣言が各地で出され始めた途端、たちまち天候不順となり、風雨にさらされてしまいました。束の間の晴天時に、山歩きや近辺の散策で見かけたサクラたちを集めてみました。

Someiyosino01

 ソメイヨシノ(染井吉野)。江戸末期から明治初期に、江戸の染井村にいた造園師や植木職人達によって作り出された園芸品種の桜です。当初はサクラの名勝、奈良の吉野山にちなんで、単に「吉野」とか「吉野桜」と呼ばれたのですが、吉野山の桜はヤマザクラですので、混同されるといけないので「染井吉野」に変更されました。江戸時代までは花見と云えば、ヤマザクラでしたが、明治以降の花見は、このソメイヨシノが主体となってしまうほど全国各地に普及しました。代表的なクローン植物です。

続きを読む »

2016年4月 7日 (木)

猿や鳥たち

 暖かくなり、山野草探索を兼ねた里山歩きも増え、時には動物たちとも出会います。ただ、反射神経の鈍い私は、イタチやテンにはいつも先に逃げられていますし、キジの夫婦連れも、2回も真正面に出くわしたのに写真は撮れずでした。花を撮るのに都合がいいマクロ重視の焦点距離の短いコンデジを使用していますので、望遠機能は期待できないカメラです。遠方の動物の写真は、仮に撮れても粒子の粗いピン甘の写真ばかりです。そんな箸休めにもならない写真ですが、この時期に出会った記録としておきます。

Nihonzaru01

 山間の野原に ニホンザル(日本猿)が出て来ていました。数年前には、人間との距離が、ある程度保てていれば、余り逃げなかったのですが、農作物を荒らすので駆除対策が進められてきた影響か、最近は人間の姿を見るとサッと身を隠してしまいます。写真に撮るのは久しぶりですが、距離があり過ぎて、目いっぱいコンデジのズームを上げてもこの程度の写真です。

続きを読む »

2016年4月 5日 (火)

奈良の色々な ”門” を訪ね歩く ~ 後編

 ボランティア・ガイドさんの説明を聞きながら、奈良市内の色々な”門”を訪ね歩いた、後半です。

Nara_mon14

 第6番目の門、東大寺・南大門(国宝)。五間三戸の「二重門」形式の門で、高さは25.5m、桁行28.8m、梁行10.8m、直径1m・長さ19.2mの柱18本の、わが国最大の山門です。天平時代の創建時の門は平安時代に大風で倒壊し、現在の門は鎌倉時代に再建されたものです。ちなみに、「二重門」形式とは二階建ての門のことで、各々の階に屋根が付いているもの云います。二階建てだが一階部分は縁だけで屋根がなく、二階部分にだけ屋根があるものは「楼門」と呼ばれます。 ㊟ 桁行:正面から見て右端の柱から左端の柱までの長さ。梁行:正面から見て最前部の柱から最奥の柱までの長さ。屋根先端部分の出っ張りは、挿肘木(さしひじき)で支えています。

続きを読む »